わたしのひとりごと

出来損ないだからこそ、出来ることはあると思っている。

梅雨過ぎて

7月30日(火)晴れ

 

すっかり忘れていたこの暑さ、何年経っても仲良くできそうにない。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は冒頭通り、涼しさを恋しく感じ夏を受け止めきれずにいます。

 

恋人たちは、肌でふれあいにくい分(暑いから)アクティビティに取り組んだり、共に引きこもったり夏にしかできないことが沢山あって微笑ましい限りです。

 

突き抜けた青空、天高く上った雲、そんな下に二つの影を並べて帰ってみたり。

いつもより歩幅はゆっくりで、纏う彩に心奪われて、空高く登る花に二人寄り添い眺めてお互いの思いを確かめあったり、伝えあったり。

 

それとも、悲しみの影を落とすのか。

 

夏は冬よりも急ぎ足で、軽口で、跳ねて、沈んで、溺れて、飛んで、息が少し上がりそうだけど、何処か懐かしさを感じる季節だと思っています。

 

良い季節になると良いですね。