enntyou enntyou

脱社会

ぐるぐる

ぐるぐる

 

ぐーるぐる

 

ぐるぐるぐるぐる

 

星が空を回る

 

時計が回る

 

人が通り過ぎその軌跡は自身を囲うように回る

 

頭が回る

 

目が回る

 

全ては繰り返して元の場所に戻るように、、、

 

思えば10年。

気がつけば10年。

寄り道寄り道の10年。

 

長いようで短く、遅いようで早く、

 

色んな人や風景が自分を通り過ぎて行きました。

 

学生生活なんて昨日のように感じます。

 

あの頃は明日に期待して、ただ道筋のない草木を掻き分けて走って、走って走って、目に映る光景に目を輝かせていました。

 

純粋に楽しかった。

 

先日から探していたアルバムが見つかり、なんともセンチメンタルな気分です。

 

今は明日の不安に触れ、敷かれたレールの上をベルトコンベアの様に流れ、流され、俯いている。

 

単純に疲れている。

 

そう気がついたのは最近のことだ。

 

ぐるぐる。

 

頭が回る。

 

不安に押しつぶされそうだった。

 

しかし、回り続けるなかで見つけたものがある。

 

そう、回り続けている自分自身である。